Ruby/NArray

Ruby/NArrayの特徴:

  • Rubyで、高速な数値計算が可能。
  • 要素には、8,16,32 bit 整数、単精度/倍精度の実数/複素数、 および Rubyオブジェクトをサポート。
  • 部分配列の取出し、代入も容易。 要素位置の指定には、数値、範囲、インデックスの配列が使用可能。
  • +, -, , /, %, * や 算術関数の演算は、要素-対-要素でおこなう。
  • NMath 算術関数モジュール
  • 配列同士の演算・代入は、各次元のサイズが同じであることが必要。 ただし、サイズが1の次元は、他方の配列のサイズに合わせて 「繰り返し」同じ要素が適用される。
  • FFTW (高速フーリエ変換) version 3 は次のモジュールでサポート。
  • Ruby/PGPLOT (グラフィックスライブラリ、別悃) にて XYグラフ、ヒストグラム、等高線、イメージ表示可能。
  • 数値計算・画像処理・データ解析など幅広い応用が可能(と思う)。

  • 類似品

    • Python/NumPy, Perl/PDL, Yorick, IDL
  • 不十分な点

    • メソッドが不足。
    • バグ出しが不十分。
    • ドキュメントがない。

インストール方法

Rubyの標準的な拡張ライブラリと同じです。ソースを展開したディレクトリで、

ruby extconf.rb
make
make install

と実行します。

動作確認

  • ruby 2.1.2p95 (2014-05-08 revision 45877) [x86_64-linux]
  • gcc version 4.4.7 20120313 (Red Hat 4.4.7-4) (GCC)

配布条件

Rubyのライセンスに準拠します。

著者

田中昌宏