MmapScanner

Description

文字列の代わりにファイルを mmap(2) した領域に対して StringScanner のようなことをするものです。

Installation

$ cd ext
$ ruby ./extconf.rb
$ make
$ sudo make install

Gem Installation

$ gem install mmapscanner

Features

  • ファイルを mmap(2) した領域から正規表現に適合した部分データを返します。
  • 返されるデータも MmapScanner オブジェクトで、最初にファイルから mmap(2) した領域を共有しています。
  • mmap(2) を使用しているので大量データでもメモリを消費しません。to_s することではじめて String オブジェクトを生成します。

Usage

  • MmapScanner.new でファイルを mmap(2) します。mmap(2) できないファイルやパラメータを渡すとエラーになります。

    # ファイル全体を mmap
    ms = MmapScanner.new(File.open("filename"))
    # ファイルの先頭 4096 バイト以降を mmap
    ms = MmapScanner.new(File.open("filename"), 4096)
    # ファイルの先頭 4096 バイト以降の 1234 バイト分を mmap
    ms = MmapScanner.new(File.open("filename"), 4096, 1234)
    
  • MmapScanner.new は文字列も受け付けます。文字列が途中で変更された時の動作は不定です。

  • size, length は mmap(2) したサイズを返します。

  • to_s は mmap(2) した領域を String で返します。Encoding は常に ASCII-8BIT です。

  • slice は mmap(2) した領域の一部を新たな MmapScanner オブジェクトで返します。

  • scan はポインタ位置で正規表現との一致を試みます。一致した部分を返し、ポインタを進めます。一致しない場合は nil を返します。

  • scan_until は scan と同じですが、現在のポインタの位置以降で一致を試みます。

  • check は scan と同じですが、ポインタを進めません。

  • check_until は check と同じですが、現在のポインタの位置以降で一致を試みます。

  • skip は scan と同じですが、一致したバイト数を返します。

  • skip_until は skip と同じですが、現在のポインタの位置以降で一致を試みます。

  • match? は check と同じですが、一致したバイト数を返します。

  • exist? は match? と同じですが、現在のポインタの位置以降で一致を試みます。

  • scan_full(re, s, f) はポインタの位置でスキャンします。

    • scan_full(re, true, true) は scan(re) と同じです。
    • scan_full(re, true, false) は skip(re) と同じです。
    • scan_full(re, false, true) は check(re) と同じです。
    • scan_full(re, false, false) は match?(re) と同じです。
  • search_full(re, s, f) はポインタの位置以降でスキャンします。

    • search_full(re, true, true) は scan_until(re) と同じです。
    • search_full(re, true, false) は skip_until(re) と同じです。
    • search_full(re, false, true) は check_until(re) と同じです。
    • search_full(re, false, false) は exist?(re) と同じです。
  • peek は指定したバイト数分のデータを返します。ポインタは進みません。

  • eos? はポインタが末尾に達していると true を返します。

  • rest はポインタ以降のデータを返します。

  • matched は正規表現に一致した部分を MmapScanner オブジェクトで返します。

  • matched(n) は正規表現の n番目の括弧に一致した部分を MmapScanner オブジェクトで返します。

  • matched_str は matched と同じですが、文字列を返します。

  • pos は現在のポインタの位置を返します。

  • pos= でポインタ位置を変更することができます。

  • terminate はポインタを末尾に移動します。

Copyright

Author
TOMITA Masahiro
Copyrigh
Copyright (c) 2011 TOMITA Masahiro
License
Ruby's