JpPrefecture

Build Status Dependency Status Gem Version

https://rubygems.org/gems/jp_prefecture

jp_prefecture とは

都道府県コードと都道府県名を変換するライブラリです。

JIS X 0402 で定義されている都道府県コードをベースに、 ゼロから始まるものはゼロを削除して使用しています。

北海道: 01 -> 1
東京都: 13 -> 13

参考: Wikipedia: 全国地方公共団体コード

都道府県コードと都道府県名のマッピングは変更することもできます。 詳しくは「都道府県のマッピング情報を変更する」の項目を参照してください。

また、Rails のプラグインとして使用することもできます。

インストール

以下の行を Gemfile に記述してから:

gem 'jp_prefecture'

bundle を実行してください。

または、手動でインストールしてください:

$ gem install jp_prefecture

使い方

ライブラリの読み込み

require 'jp_prefecture'

都道府県コードから都道府県を検索

都道府県コードを渡すと、都道府県コードから都道府県を検索します:

pref = JpPrefecture::Prefecture.find 13
# => #<JpPrefecture::Prefecture:0x007fceb11927d8 @code=13, @name="東京都", @name_e="Tokyo", @name_h="とうきょうと", @name_k="トウキョウト", @zips=[1000000..2080035], @area="関東">
pref.code
# => 13
pref.name
# => "東京都"
pref.name_e
# => "Tokyo"
pref.name_h
# => "とうきょうと"
pref.name_k
# => "トウキョウト"
pref.area
# => "関東"

以下のように書くことも可能です:

JpPrefecture::Prefecture.find code: 13

都道府県名から都道府県を検索

JpPrefecture::Prefecture.find name: "東京都"
JpPrefecture::Prefecture.find name: "Tokyo"
JpPrefecture::Prefecture.find name: "tokyo"
JpPrefecture::Prefecture.find name: "トウキョウト"
JpPrefecture::Prefecture.find name: "とうきょうと"
JpPrefecture::Prefecture.find name: "東京"

都道府県の一覧を取得

JpPrefecture::Prefecture.all
# => [#<JpPrefecture::Prefecture:0x007fceb119a2a8 @code=1, @name="北海道", @name_e="Hokkaido", @name_h="ほっかいどう", @name_k="ホッカイドウ", @zips=[10000..70895, 400000..996509], @area="北海道">, ...]

Rails (ActiveRecord) で使用する

ActiveRecord::Base を継承した Model で、都道府県コードを扱うことができます。

app/models/place.rb:

class Place < ActiveRecord::Base
  # prefecture_code:integer

  include JpPrefecture
  jp_prefecture :prefecture_code
end

prefecture というメソッドが生成され、都道府県コード、都道府県名が参照できるようになります:

place = Place.new
place.prefecture_code = 13
place.prefecture.name
# => "東京都"

生成されるメソッド名は method_name というオプションで指定することができます:

# model
jp_prefecture :prefecture_code, method_name: :pref

place = Place.new
place.prefecture_code = 13
place.pref.name
# => "東京都"

テンプレートで使用する

collection_select を使用して、都道府県のセレクトボックスを生成することができます。:

f.collection_select :prefecture_code, JpPrefecture::Prefecture.all, :code, :name

# 英語表記で出力
f.collection_select :prefecture_code, JpPrefecture::Prefecture.all, :code, :name_e

マイグレーション

カラムのタイプは integerstring で作成してください。

マイグレーションのサンプル:

class AddPrefectureCodeToPlaces < ActiveRecord::Migration
  def change
    add_column :places, :prefecture_code, :integer
  end
end

都道府県のマッピング情報を変更する

デフォルトのマッピング情報以外のものを使用したい場合、以下のようにカスタマイズされた マッピングデータを指定することができます:

custom_mapping_path = "..." # /path/to/mapping_data

JpPrefecture.setup do |config|
  config.mapping_data = YAML.load_file custom_mapping_path
end

マッピングデータのフォーマットについては prefecture.yml を参考にしてください。

ドキュメント

http://rdoc.info/github/chocoby/jp_prefecture/master/frames/index

TODO

GitHub の Issues を参照してください。

対象バージョン

  • Ruby: 1.9.3 / 2.0 / 2.1
  • Rails: 3.2 / 4.0 / 4.1

Contributing

  1. Fork it
  2. Create your feature branch (git checkout -b my-new-feature)
  3. Commit your changes (git commit -am 'Added some feature')
  4. Push to the branch (git push origin my-new-feature)
  5. Create new Pull Request

テスト

git clone https://github.com/chocoby/jp_prefecture.git
cd jp_prefecture
bundle install --path .bundle
bundle exec rspec

GitHub

https://github.com/chocoby/jp_prefecture

ライセンス

MIT: http://chocoby.mit-license.org/